グラブル 19年11月闇有利古戦場
ねこ助の息抜きブログ

グラブル 19年11月闇有利古戦場

久々にグラブルの投稿をします。1911月の闇有利古戦場の所感とアーカルム賢者のアラナンを迎えて使ってみた感想です。フルオート機能が実装されたことで、今回の古戦場では以前より大幅に順位を上げた方もいると思います。




19年11月闇有利古戦場1




今回の古戦場はフルオート機能で100HELLまでのボスを倒せてしまうため、ある程度装備が揃っている層にとっては時間拘束が少なく済んだはずです。フルオート機能は1910月に実装されたシステムで、これをONにするとスキル発動も含めて自動で戦ってくれます。スキルまで自動発動してくれる点が従来のオート機能との違いです。



私にとっては、ながらプレイが出来ることと膨大な繰り返し作業からの解放で非常に嬉しい改変でした。時間拘束と捉えてしまっている時点で、そもそもゲームのありようとして適切なのか疑問が沸きますが、それは忘れます。ただ、問題は運営側がどう捉えているかです。運営としては意図的にぎりぎりフルオートで100HELLを倒せる様に設定し、150HELLを皆で積極的に狩ってもらうことを想定していたのだと思います。

19年11月闇有利古戦場2


直近のブレイブグラウンドの称号獲得難易度の設定が絶妙だったことから運営サイドは敵のHP設定に関してかなり入念にテストプレイしていると、私個人的には思っています。ただ、今回は150HELLの初登場ということもあり、獲得貢献値が控えめに設定されすぎました。これでは100HELLをフルオートで周った方がいいという結論になってしまいます。その点を今後の古戦場では改変していくのかなと思います。

アラナンお迎え

 
あとサボり気味だったアーカルム、ようやく一人目の賢者アラナンを獲得出来ました!アラナンは1アビ、2アビが非常に特徴的なキャラです。2アビは光フェリのヒン・リヒテンと同じですが、召喚石サン、シヴァと非常に相性が良く、敵のHPを一気に削ってくれるのに役立ちます。ただ使ってみた感じ、アルバハHLでは、奥義ゲージを100%にするまでの準備に時間がかかること、特殊行動でバフがリセットされることから、貢献度レースに挑む場合には慣れが必要だと感じました。今後もう少し編成をいじってみて遊んでみます。