グラブル ゼタ ベアトリクス由来調べ
ねこ助の息抜きブログ

グラブル ゼタ ベアトリクス由来調べ



今回はグラブルのゼタ、ベアトリクスについてスキルや武器の由来を調べました。今では調整によってゼタもベアトリクスも使いやすいキャラになりました。ベアトリクスは剣有利なので、オメガ剣編成に使えるかもしれません。先ずは両者のスキルと奥義についてです。

ゼタ ベアトリクス由来調べ



ゼタZeta
<奥義>
プロミネンスダイブResolute Strike
<スキル>
アルベスの槍Spear of Arvess
ラプソディーRhapsody
サウザンドフレイムThousand Flames


ベアトリクスBeatrix
<奥義>
イモータル・アソールトImmortal Assault不滅の襲撃
(二つ名が不滅の群青)
<スキル>
エムブラスクの剣Embrasque Sword
ユニフィケイションUnification
ライジングスターSoaring Star



ゼタの2アビはRhapsody of Fireというバンドに由来します。3アビは同バンドに同じ曲名
があるそうです。ベアトリクスの2アビは直訳すると統合の意ですが、ゼタと同じくバンドに由来すると思われます。

調べた結果、Fight StarのGrand Unificationという曲が由来となっていそうだと分かりました。ベアトリクスの3アビはFight Starをもじった命名なのか、あるいは日本のandropというバンドのrising starという曲からの命名なのか分かりません。日本のバンド名を使ったので、知名度の関係上英語版で直訳しなかったのかもしれません。



アルベスの槍とエムブラスクの剣について



組織がらみの武器は検索しても由来が確かには分かりません.Arvessと検索すると2001年に統合されたスイスの町がヒットするのみで、いま一つ釈然としません。

同じ組織のバザラガの武器グロウノスは恐らくクロノスをもじった命名でしょう。(クロノスには、父であるウラノスをアダマンタイトでできた鎌で割くという逸話がある)アルベスの槍とエムブラスクの剣も何らかの神話の固有名詞を変えたものであると推察できます。

エムブラスクの剣は北欧神話に登場する最初の人間エムブラとアスクからの造語のようです。ベアトリクスのキャラ開放武器グラムも北欧神話の剣なので、同じ北欧神話から命名したのでしょう。

アルベスの槍は、如何せん文字数が少ないため確信をもって元ネタを判じられませんでした。発音から考えると、北欧神話からアルヴィース(Alvíss)というドワーフ、エルフを意味するアールヴa'lfr)が候補として挙がりますがどれもピンとこないです.武器の設定から考えるとケルト神話の太陽神ルーの持つ武器アラドヴァル(Ar-éadbair)という槍が近い印象を受けます。

アルベスの槍 由来


アルベスの槍を振るうゼタ


組織がらみのイベント「Right Behind You」ではPCのキーボードに対応した換字暗号が使われていました。組織がらみの武器にもアナグラムなどの言葉遊びが取り入れられている可能性もあります。今後,それぞれの武器についてエピソードが深堀りされていくのが楽しみですね。