「チーズはどこへ消えた?」から得る教訓
ねこ助の息抜きブログ

「チーズはどこへ消えた?」から得る教訓


今回おすすめする本はスペンサー ジョンソン氏の「チーズはどこへ消えた?」です。



一言で表される格言が,万人に正しい物とは限らないと私は考えています。一人一人育まれた気質や直面した状況は千差万別だからです。そのため、自己啓発本を読む際には,その教訓が自分にあったものであるかを考える必要があります。もし自分が足を怪我した小人だったらどうでしょう。ネズミと同じ様な行動は取ることができません。成功者の教訓や格言を全面的に受け入れることは危険です。



あらすじ:二人の小人と二匹のネズミ


本書は一つのケーススタディを主として構成されています。登場人物は迷路の中からチーズを探す二人の小人(ヘムとホー)と、同じくチーズを求める二匹のネズミ(スニッフとスカリー)です。迷路は私たちが暮らす社会を表し、チーズは名誉や幸せの象徴です。

チーズはどこへ消えた 解説

二人と二匹は迷路を探索した結果、チーズを手にすることができます。しかし、見つけたチーズは徐々に枯渇してしまいます。スニッフはいち早くチーズの枯渇を感じ取り、新しい探索に備えます。スカリーはチーズの枯渇と共にすぐさま行動を起こします。ホーは暫く躊躇した後、結局新しいチーズを探しに行きます。そしてヘムは最後まで変化を認めずに変化に逆らおうとします。四者各々の行動から、我々は変化に対してどの様に向き合うかを考えさせる本です。


チーズが無くなったら動くしかないだろう?変化を恐れずに次のチーズを探そう、ということがこの本の伝えたいことです。他にも幾つか教訓が出てきますが、どれも控えめな書き口に私は感じました。スペンサー氏は、状況によって正しい行動は変化するものだと把握していたのかもしれません。私たちは心の中に各々相反する行動指針を持ち、微妙な状況の差異によって行動が決定されます。

スペンサー氏はそれを二人の小人と二匹のネズミに例えました。実際には私たちの心の中にはもっと多くの小人やネズミがいることでしょう。どの小人、ネズミが正しいかどうかは状況によって変わるのです。

私の経験ではチーズは口を開けて待っているだけでは降ってきません。実際には迷路のチーズはベルトコンベアに乗せられてゆっくりと動いており、チーズが向こうからやってくる場合も有ります。しかし、自分で動いた方が遥かにチーズを得る可能性が高いです。



貴方にとってのチーズとは何か


この本は以下の思考をなぞらえることで、幸せへのヒントが得られるように記述されています。


  1. 自分のチーズは何か? 
  2. そのチーズは今自分の手中にあるのか?
  3. チーズが手中に無い場合、今の自分は変化を恐れてヘムの状況に陥っていないか

今の自分がヘムの場合、恐怖を乗り越えて一歩を踏み出す必要があります。しかし、人によってはこれが一番難しいことなのです。先行きの見えない迷路に対する不安は、時として私たちを病に導くほど深刻なものです。

本書では残念ながら、その恐怖を克服する術は記述されていません。一歩動けば恐怖から解放されるとは書いてあります。私も不安に対する特効薬は歩みを止めない事だと思っています。解決策は恐怖を感じる暇を作らず常に迷路を歩き続けることです。立ち止まるから恐怖に取りつかれるのです。チーズを見つけても、続けて次のチーズを探す姿勢こそが必要だと思います。